ローンがある愛車の売却

12月 8th, 2015

バイク買取りで悩むケースの中に、まだ愛車のローンを返済している途中で売りたいというものがあります。

ローンの残債がしっかり残っていると、やはり売れるのかどうかが心配になりますよね。

バイク買取り店によっては、残債があるバイクも積極的に買取りしてくれるところもあります。

バイクを売るのなら、価格が高いうちに売っておきたいものです。

今ならかなり高額で売却をすることができるけれど、手元にローンが残ってしまうということで、二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

たとえば、バイク買取りを依頼したものの、その残債額が大きくて、バイクの買取り査定額よりも高額になってしまうという場合、ローン分を支払ってバイク買取りをしてもらうということになります。

そしてその金額が手元にない場合、さすがに売却そのものができないということもあるでしょう。

ローン返却途中のバイク買取りを積極的に行う買取り店の場合、査定額よりも大きい残債を立て替えてくれるところもあります。

たとえば、ローンが60万円残っているバイクを査定に出したら50万の査定額が出たとします。

差額の10万円は買取り店側が立て替えて買取りをしてくれますから、この10万円に関しては、買取り店にローンとして返済するという売却方法です。

ローンをこれ以上払うなら、いったん整理して残債を小さくして売却したいという時は、処分の方法があるということを知っておくといいでしょう。

燃料費、保険や駐輪場などコストも整理されて、月々の支払も整理されるのでおすすめです。